四宝 武田匣

■特徴

内容量:400g

コピ・ルアック
ナリーニョグランボリバール
パナマエスメラルダ ゲイシャ プライベートコレクション
ブルーマウンテンNo.1
上記各100gずつが入った特別セットです。

この商品はギフト包装がされている商品のため、追加でのギフト包装の購入は不要です。
¥27,000 税込
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

ニシナ屋珈琲のルーツは、甲斐武田家にある。

戦国時代の名武将、武田信玄の五男は、 信州 安曇野を治める仁科家を継ぎ仁科盛信となる。
盛信も果敢な勇者であったが、天正十二年(1582)、 織田信長と激闘の末、果てる。 その仁科の血をひく者が、 安芸の国広島の吉田 郡山城の毛利家を頼り、 庇護を受け生き延びた。

刀を捨て、名を西名と変え、吉田の町の旧家として、今につながる。 時を超えて、初代 西名籌策は、 昭和八年(1933)、広島市の西横町(現在の本通り)で、 広島で初めてコーヒーの焙煎を始め、ニシナ屋珈琲と名付けた。

家紋は武田家と同じく 四つ菱。

歴史のロマンと謎を含みながら、 代々、西名家に語り継がれたルーツ。 ニシナ屋のルーツを紐解き、 武田家へのオマージュとして、四つ菱を形どり、 信玄の名言、風林火山にのせて コーヒーの四つの至宝をお届けします。

風 疾きこと風の如く

パナマ エスメラルダ ゲイシャ
フローラルなアロマと柑橘系のフレーバー 密のような甘みの中にも、スッキリとした酸味 スペシャルティコーヒーの旋風を興した名品



林 徐かなること林の如く

コピ・ルアック
熱帯雨林のコーヒーの果実を喰む麝香猫 独特で複雑な香味を持つ、 人生で一度は飲んでみたい究極の珈琲



火 侵掠すること火の如く

ナリーニョグランボリバール
コーヒーファンを虜にするコロンビアの名門農園の逸品 口あたりまろやかで、味わい深く燃えるようなボディ



山 動かざること山の如し

ブルーマウンテンNo.1
揺るぎないコーヒーの王様 気品ある味と香り、威厳を醸すアフターテイスト 近年ますます貴重な品に。旧英国王室御用達

カテゴリ一覧