東ティモール・サントモンテ

厚みのある濃厚な蜂蜜のような甘みが長く続き、グレープフルーツのような爽やかさもある東ティモールのコーヒーです。 独立から15年、やっと誇れるコーヒーができました。

東ティモール・サントモンテ

東ティモールは2002年にインドネシアから独立(主権回復)を果たし、今コーヒーは教育、健康、伝統的な文化活動を支えてくれ産業になりつつあります。 コーヒー農家にとって聖なる山として崇められている同国最高峰のラメラウ山(2963m)を望む地域で作られていることから このコーヒーは「ティモール・サントモンテ(聖なる山)」と名付けられました。

東ティモールの山岳地帯は、日中の強い日差しに比べて朝晩は冷え込み、温度差があります。 年間降雨量も2000 ミリ以上と美味しいコーヒーを作 るための自然環境に恵まれ、国民の 1/4がコーヒー生産に従事し、そのほとんどが小規模農家です。 栽培から精製までの大部分を手作業にて丁寧に行われています。 栽培や精製の技術指導を受け、生産者の品質管理に対する意識も上がり、東ティモールコーヒーの品質は向上してきています。 プレミアムコーヒーブーム沸く、アメリカ市場で大変好評で現在の輸出はアメリカ中心となっています。 また、昨年開催されたコーヒー品評会において、このコーヒーが、1位のみならず数多くの入賞を果たすことができました。

今勢いのある東ティモールコーヒーを一度お試しください。

(この東ティモールでは国際協力NGOであるピースウィンズ・ジャパンがコーヒー生産の支援活動をしており、 ニシナ屋珈琲は彼らの活動に賛同し売上の一部(一キロ当たり100円)を寄贈いたします。)

東ティモール・サントモンテ 500g

東ティモール・サントモンテ 500g

厚みのある濃厚な蜂蜜のような甘みが長く続き、
グレープフルーツのような爽やかさもある
東ティモールのコーヒーです。

5,000円(税込)

お支払方法(すべて手数料無料)
代金引き換え
クロネコwebコレクト(クレジットカード・コンビニ・電子マネー・ネットバンキング)
クロネコwebコレクト