昭和八年創業の老舗珈琲販売店

ニシナ屋珈琲 創業者

ニシナ屋の創業は昭和八年
広島の中心地にて、当時まだ珍しかった珈琲の販売を始めました。

創業以来ずっと珈琲豆の販売に特化して事業を続け
現在は全日本コーヒー商工組合連合会(農水省許認可法人)の副会長と、
中国コーヒー商工組合の理事長を務めております。

珈琲の専門家として長年培った技術で老舗の味をご提供しています。

また、NHKカルチャーセンターでコーヒー教室の講師をするなど 皆様にコーヒーを楽しんでいただくお手伝いなどもいたしております。

おいしくて安心できる豆

お客様においしいコーヒーを安心して飲んでいただくために
ニシナ屋は厳選された豆だけを販売しております。

等級の高い豆、おいしい豆であることは当然として
特にインターネット販売では生産・流通量が少なく手に入り難い特別な豆を
通販専用として仕入れています。

また、良い豆は良い状態でお客様にお届けする必要があります。
豆の輸入から国内保管・流通は50年以上の付き合いがある
信頼できる業者のみと取引をしております。

焙煎の職人技術 香りが変わる2秒間

焙煎の職人技術

コーヒーは生豆を専用の焙煎機で火にかけてじっくりローストします。 コーヒー豆に残っている水分を飛ばしながら同時に豆の個性を引き出すのです。

豆の状態を見ながら火力を微調整して 最適の状態を見極めるには10年かかると言われています。

それほど高度な技術を要する「焙煎」ですが 最適な焙煎状態になる区切りに香りが変わる2秒間があります。

その瞬間が訪れる寸前に焙煎機から豆を取り出し 焙煎を終えた時に香りが広がるのが最高のタイミングです。 そうして焙煎された豆は不要な火力で味が殺される事なく全ての味を抽出可能な状態です。

こうして焙煎された豆で入れたコーヒーだけが 豆が持つ本来の魅力を味わうことができるのです。 豆の良さを生かすも殺すも焙煎次第。本当に難しい仕事です。